マレビトの会 / Marebito
About
Archive
Marebito news letter
Text
Youtube
contact


【最新情報】

フェスティバル/トーキョー18『福島を上演する』
2018/10/25(木)〜28(日)



歴史でも物語でもない。福島のいまを受肉し、「出来事」にする

F/Tでの上演も3年目を迎えるマレビトの会の長期プロジェクト『福島を上演する』(2016-)。複数の劇作家が福島に赴き、それぞれの視点から現地のいまを切り取った短編戯曲を執筆、ごくシンプルな空間で、俳優の身体を通し、「出来事」として出現させる試みは、現実と演劇との関係はもちろん、戯曲と上演、写実と創作の関係、とりわけ俳優の身体の可能性を捉え直すものとしても注目を集めています。過去2回の公演で上演された戯曲は51編。その多くは一見なんでもない日常の断片を映し取った芝居ですが、そのことがむしろ、一戯曲一回のみの上演とも相まって、「上演されゆく福島」という特異性のある時間、空間を創出してきました。今回は4日間4回にわたって、8人の劇作家による戯曲群を上演します。歴史でもない物語でもない、一度しか起こらない上演=出来事を、私たちはどのように目撃し、受け止めるでしょう。

チラシはこちらから。

◇本作品は1公演につき、複数の書き手(アイダミツル、神谷圭介、草野なつか、島崇、高橋知由、松田正隆、三宅一平、山田咲)による複数の戯曲で構成されています。
◇4公演全体で1つの作品というコンセプトのもと、各回、上演される戯曲・構成が異なります。
◇日本語上演
◇『福島を上演する』は『長崎を上演する』(13〜16)から続く長期プロジェクトです。上演戯曲・構成および関連インタビュー等、ご観劇の参考にご覧ください。(『長崎を上演する』アーカイブ

*上演される戯曲・構成は、後日F/T公式HP、マレビトの会HPにて発表いたします。
*演目順は変更になる場合があります。

○日時:
10/25 (木) 19:30
10/26 (金) 19:30
10/27 (土) 18:00
10/28 (日) 14:00

受付開始は開演60分前、開場は15分前。
上演時間:約120分(予定)(日ごとに異なります)

○会場:東京芸術劇場シアターイースト (東京都豊島区西池袋1-8-1)
アクセス:JR、東京メトロ、東武東上線、西武池袋線「池袋駅」西口より徒歩2分(駅地下通路2b出口と直結)

○チケット(整理番号付き自由席) 9月9日(日)10:00~発売
取り扱い:F/Tチケットセンター
一般 ¥4,000(当日 +¥500)
ベンチシート ¥3,000(当日 +¥500)
先行割引* ¥2,800
5演目セット** ¥3,200
3演目セット** ¥3,400
4回セット券 ¥14,000
学生      ¥2,600 ※当日券共通。当日受付で要学生証提示。
高校生以下    ¥1,000 ※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示。

先行割引*=9月5日(水)10:00~8日(土)19:00の期間中、一般(¥4,000)のみお得にご購入いただける早割券を発売します。枚数限定。
5演目セット券・3演目セット券**=F/T18の他の演目と組み合わせてご購入いただけるチケットです。複数公演選択可。

企画:マレビトの会
主催:フェスティバル/トーキョー、一般社団法人マレビト


【活動予定】

マレビトの会では、2009, 2010年に「ヒロシマ―ナガサキ」シリーズ(『声紋都市—父への手紙』、『PARK CITY』、『HIROSHIMA—HAPCHEON:二つの都市をめぐる展覧会』)の上演を行い、2011年の『マレビト・ライブ N市民―緑下家の物語』を経て、2012年『アンティゴネーへの旅の記録とその上演』を製作・発表しました。
これらの作品創作において、さまざまな演劇表現の可能性を追求してきたことを踏まえ、2013年度から、以下の活動を行っています。

1.ドラマ演劇の再検討をすること。
それは劇の起きる場所と時間について、厳密に考えるということである。
「劇の登場人物」である「劇の出演者」は、「物語の位相」と「舞台の位相」の両方に存在している。現在に絶対的に密接する舞台空間は、同時に「現在とは別の時間の存在可能性を孕む場所」でもあると信じたい。

2.都市をテーマに戯曲(ドラマ)を書くこと。
1.の課題に基づく戯曲の舞台化を試みる。
戯曲は、実際にその街を取材した複数の作者による創作であることとする。
長期的視野のもとで、取材・戯曲執筆と上演を継続的に繰り返す。

3.過去の演劇作品の報告・考察の場を設ける。
マレビトの会が発表してきた作品についてのアーカイブ化とそれらをめぐる考察の場をウェブサイト上に設ける。

4.検討課題を考察するためのマレビト・スタディーズの再開。
マレビトの会で実践してきた演劇表現をもとに、演劇をめぐるさまざまな言説を丹念に見つけ出し、それについて考えるための機会とそこから生み出される思考を「マレビト・スタディーズ」と呼び、2011年にテーマを設けた公開勉強会を複数回行った。 2013年度から、その「マレビト・スタディーズ」(公開勉強会)を再開する。


プロジェクト・メンバー(2018)
アイダミツル、生実慧、石本秀一、石渡愛、稲田真理、遠藤幹大、大庭裕介、加藤幹人、上村梓、神谷圭介、桐澤千晶、草野なつか、酒井和哉、佐藤小実季、島崇、関田育子、高橋知由、田中夢、谷岡紗智、寺内七瀬、中村みなみ、西山真来、松尾元、松田正隆、三竿文乃、三間旭浩、三宅一平、森真理子、山科圭太、山田咲、弓井茉那、𠮷澤慎吾、吉田雄一郎、米倉若葉